主任経験元保育士がお伝えする
保育実習のツラい…↓を楽しい↑↑に変える術

こんにちは、元保育士のYです!
今回は、これから保育実習に行く学生さんにとっておきのアドバイス☆
絶対押さえておきたいポイントから意外なアドバイス?までお伝えします。
慣れない実習で心身共に緊張の連続…でもせっかくの時間は楽しまなきゃもったいない!
ぜひ、ニッコニコの保育実習を楽しんでくださいね。

目次

1. まずはここから!実習準備編
2. その日に眠れる実習ノート(実習録)の書き方
3.有終の美を飾る 最終日の挨拶・お礼状の書き方
4.今だから言える実習あるある

まずはここから!実習準備編

初めての園に行って保育実習をするのは本当に不安ですよね。 準備を整えておけば、チョット自分に自信ができるから、余裕をもって実習に取り組めますよ~。 準備のポイントはこの5つ!

  1. 身だしなみ
    誤飲やケガをさせないためにオシャレよりも安全・衛生第一!
  2. あいさつ
    されて嫌な人はいないはず!まずは自分からあいさつを
    「ごめんなさい」「すみません」より「ありがとうございます」
  3. 自己紹介
    名札の準備はできた?ほかの先生の呼び方に合わせて、一人称も決めておくと◎
  4. 絵本の読み聞かせ
    お気に入りの絵本、子ども達にも好きになってもらうには絵本の持ち方や読むスピードも大事。
    実際に声に出して練習してみよう!
  5. 手遊び・歌
    どんな時に歌うのか、どんな歌が流行しているのかリサーチをして人気者に

    詳しくは動画もチェックしてみてくださいね。

その日に寝られる実習ノート(実習録)の書き方

慣れない環境で心身ともにへとへとで帰宅した後に待ち構える「実習ノート」…。
正直、1日中保育に必死で覚えてないよね。
実習ノートと格闘していたらいつの間にか日付が変わってる…明日も朝早いのに…
そんなときにはこの4つのポイントを思い出してみてください。

  1. 保育実習目標の立て方
    今日の目標「名前を覚える」からさらに一歩踏み込んで、
    そのためにどうするか「行動」を考えてみよう
  2. 環境構成
    物の配置や先生のいる場所にも意味がある!
    メーンの先生だけじゃなくサブの先生の動きにも注目
  3. 声かけ
    先生の声かけの意図は?を探ろう
    リアルタイムで学べるのが実習の醍醐味!
  4. 振り返り
    毎日あっという間に過ぎてしまい「振り返り」で何も出てこない…
    そんな時には、今日できなかったこと、明日もっとできるようになりたいことを書いてみよう
はじめから完璧な保育士なんていません(実は現役先生たちだって試行錯誤の連続!)。
現場でしかできない体験をたくさんして、次につなげていけたら
きっと素敵な保育実習になると思います!

続いては…
実習生活に慣れてきたと思ったら、あっという間に終わりの日が。
気持ちを伝える最後の日の挨拶、お礼状の書き方は?

続きを読む
1 / 2

この記事を読んだあなたにオススメ